令和3年度 相模中日記 ~日頃の学校の様子~

生徒の様子など

地域の取り組み

 15日(月)の午後は、相模が丘地域交流会が「これからの生活の不安を安心に」として、『慌てるまえに知っておこう!介護保険』の研修講座を本校の体育館で開催しました。地域の方々が50名程参加し、熱心に話を聞いていました。

PTA学年委員会主催の催し物

 12日(金)の午後は、PTA学年委員会主催の催し物が行われました。題して、「How to 高校見学~1・2年生は何をしたらいいの?~」で、中学校卒業後の進路選択についての研修会でした。例年であれば、希望する保護者の方々がバスで高校見学に行くのですが、感染症のために本校の体育館を使って研修会を行い、100名以上の参加者がいました。学年委員会の皆様、準備や片付けをはじめ、当日の運営面等大変お疲れ様でした。 

 

期末試験

 2学期の期末試験が、今日から始まりました。生徒たちは、真剣な表情で試験問題を解いていました。来週の月曜日と火曜日も試験を行うので、計画的に学習し、力を着けて欲しいです。

 

学校図書館前の本(市制50周年をお祝いして)

 座間市は、11月で市制50周年を迎えました。その50周年をお祝いして、学校図書館前には座間市に関する本を展示しました。これらの本を通して座間市のことを知り、郷土愛に繋がればと考え、本を紹介しています。

 

 

 

 

  

 

座間市立中学校総合文化祭の展示部門

 11月5日(金)と6日(土)は、座間市立中学校総合文化祭の展示部門ハーモニーホールのギャラリーで開催されました。今年度は、各家庭2名までと人数制限をして開催したのですが、訪れた方々は皆その制限を守り見学してくださったので、スムーズに見学することができました。特に土曜日の午後の時間帯は、保護者の方と生徒が一緒に見学している姿を多く見かけました。毎年、この展示を楽しみにしてくださっている方々が多くいるので、今年度も展示部門を開催でき、本当に良かったです。