令和4年度 相模中日記 ~日頃の学校の様子~

生徒の様子など

県央大会の様子

 7月21日から県央大会が、各会場で開催されました。暑い日が続いていましたが、選手はその暑さに負けずに精一杯のプレーをしていました。また、先生方は生徒の引率や大会運営等で頑張っていました。応援に来られた保護者の皆様、暑い中での応援お疲れ様でした!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1学期の終業式

 7月20日(水)は、1学期の最終登校日なので終業式ICT機器を活用して行いました。校長先生からは、1学期を振り返っての感想スポーツ選手の言葉を引用しての挑戦することの大切さについて、それに平和についてなどの話がありました。続いて、生徒指導部の先生からの夏休みの過ごし方についの話や生徒会本部役員からの話がありました。一度、終業式を終え、その後体育祭実行委員長と色長(5人)からの話と表彰式を行ったのですが、嬉しいこととして校長先生から26名もの生徒が表彰状を受け取りました。


 

生徒総会・大掃除

 19日は、生徒総会大掃除を行いました。生徒総会は、いつものように学習用端末(クロームブック)を活用して、全校生徒に関心を持ってもらえるように生徒会が工夫した参加型の総会を行いました。
 次に大掃除を行ったのですが、生徒たちは日頃できない場所も丁寧に掃除し、とても校舎が綺麗になりました。他校から異動されてきた先生は、生徒が意欲的に掃除をしている姿を見て、「素晴らしい!!」とおしゃっていました。

部活動の市内大会

 7月16日(土)は本校の体育館で剣道の試合があり、17日(日)は校庭でサッカーの試合が行われました。剣道サッカーも、夏の暑さに負けずに白熱した試合が行われていました。生徒の頑張りを応援している私たちは、目頭が熱くなりました。

 

非行防止講演会

 2年生が、非行防止講演会を開催しました。毎年、夏休みに入る前にこの講演会を実施しているのですが、今年度もゲストティチャーを招き生徒たちに話をしてもらいました。生徒たちは、ゲストティチャーの話を真剣に聴き、動画を熱心に視聴していました。

 

 

 

相模級の作品

 相模級の教室前に、生徒が作った作品を展示しています。作品は、美術の時間に粘土で作った「埴輪」と綺麗に色を塗った「グラジュエーションの板」です。一つ一つの作品を見てみると、生徒が丁寧に色を塗ったことがよく分かります。

 

部活動の市内大会の様子

 7月9日(土)と10日(日)は、部活動の夏季大会が各会場で開催されました。この日も熱い中での試合になりましたが、選手は頑張ってプレーし、どの会場も手に汗握る試合が行われていました。

 

 

 

 

 

 

 

理科の授業

 1年生は、理科で「動物の特徴と分類」という単元を行っています。その単元の中で、『雑食動物の頭骨を観察し、顔のつくりと生活の関連を考える』という授業があり、理科の先生がわざわざ神奈川県立生命の星・地球博物館まで行き日本ザルやイノシシなどの頭骨を借り、それを活用して授業を行いました。この頭骨を熱心に観察し、自らの考えを交流している生徒たちの姿を見ていると、先生がわざわざ小田原市入生田まで行き、頭骨を借りてきたかいがあったと思いました。

相模が丘七夕祭り

 相模が丘七夕祭り、7月8日(金)から10日(日)まで相模が丘の桜並木で開催されています。相模中学校からは、1年生が書いた願いが飾られています。1年生一人ひとりの願いが飾られていますので、七夕飾りをご覧いただければ幸いです。飾り付けをしてくださった地域の方々に感謝いたします。

部活動の大会

 中学校体育連盟の夏季大会が、早い部は6月25日(土)から始まっています。7月2日(土)と3日(日)は、多くの会場で白熱した試合が行われていました。どの会場も、熱中症や感染症対策をしながらの試合運営が続いているので大変な面はありますが、先生方の準備に応えるように生徒たちは粘り強く最後まで一生懸命にプレーしていました。