令和4年度 相模中日記 ~日頃の学校の様子~

生徒の様子など

火災を想定した避難訓練

 昨日の6時間目に、火災を想定した避難訓練を行いました。毎回避難訓練を行う前に、先生から避難経路や避難する時に気をつけることなどについての説明を聞いてから、避難訓練を実施しています。5月には地震を想定し、6月には引き渡し訓練を行い、地震や火災があった時の避難の仕方について確認しています。今回の避難訓練でも、生徒は「おかしも」を意識して、落ち着いて行動できていました

 

朝会(後期学級委員長の認証式)

 9月22日(木)は、座間市教育委員会から配置していただいている大型テレビ学習用端末を活用して、オンラインで朝会を実施しました。その朝会の中では、後期学級委員長の認証式を行い、各学年の代表者からのスピーチを実施しました。どの学年の生徒も、しっかりと自分の考えを述べることができ、生徒の表現力が高まっているのを感じました。また、認証式の前に校長先生からは、相模祭に関する感想秋の過ごし方などについてなどの話がありました。その他、福祉作文で最優秀等を受賞した生徒や中体連の大会で活躍した生徒の表彰も行いました。


 

 

 

第49回座間市福祉大会

 9月19日(祝・月)の午前にハーモニーホール大ホールで、「第49回座間市福祉大会」が開催されました。この福祉大会では、小中学生が今年度応募した福祉推進作文の2157件の中から、本校の生徒が最優秀賞(1人)佳作(2人)に選ばれ、市長より表彰状と記念品を授与していただきました。最優秀賞の作品は、「心の福祉」という演題で「ありがとう」という言葉の大切さについて書いたものです。

第36回相模祭

 昨日、第36回相模祭ハーモニーホール座間を使用して開催することができました。感染症の影響で、昨年はホールを使用することができずに、年度当初に計画していた実施日を延期して学校の体育館で開催したので、今年度はホールを使用できたことに対して多くの方々に感謝したいと思います。座間市が誇るハーモニーホール座間の大ホールに、生徒の美しいハーモニーが響き渡っていました。まさしくスローガン「百歌繚乱」のごとく、各クラスの歌声がホールいっぱいに美しく広がっているのを感じ、目頭が熱くなりました。また、合唱部・相模級・演劇部の発表も大変素晴らしく、思い出に残る一日になりました!!

相模祭前日準備

 明日が、相模祭です。本日は、ハーモニーホール座間相模祭の前日準備を行いました。今年度は、相模中学校が市内の中学校で最初にホールを使用するのでひな壇を設置するなど、例年より準備に時間がかかりましたが、準備に参加した生徒たちは生き生きと作業をしていました。明日が、大変楽しみです!!

 

学年合唱リハーサル

 15日(木)相模祭に向けて、7日(水)4時間目に1年生・5時間目に2年生・6時間目に3年生が、合唱リハーサルを行いました。それぞれのクラスが現時点での精一杯の合唱を披露して、今回の発表から見えてきた改善点をこれから1週間かけて練習し、当日の美しいハーモニーに仕上げていきます。下の写真は、一段目が1年生・二段目が2年生・三段目が3年生合唱リハーサルの様子です。

 

合唱練習の様子

 2学期がスタートして、1週間が経過しました。生徒は、9月15日相模祭に向けて、合唱練習に熱を帯びてきました。校舎に歌声が響き、学校が文化の香りで包まれているように感じます生徒の歌声を聞くと、心が穏やかになります

学校運営協議会とPTA役員会・運営委員会について

 2日(金)午後6時30分から第2回学校運営協議会を、3日(土)午前10時からPTAの役員会11時から運営委員会を開催しました。座間市内の小中学校全校で取り組んでいる「コミュニティ・スクール」の母体である学校運営委員会の2回目を開催し、日頃の学校の様子を各学年主任から伝え、10月8日環境整備12月17日イベントについて、それに必要としているボランティアなどについての話し合いを行いました。
 また、3日PTAの集まりでは、今後の学校行事などの確認をしました。地域の皆様やPTAの皆様の協力が多くあり、大変ありがたいです!!

 

 

2回目の進路説明会

 3年生は、8月31日に2回目の進路説明会を実施しました。今回の進路説明会には3校の高等学校の先生に来校いただき、それぞれの学校に関する説明をしてもらいました。今回の説明会には、希望する3年生の保護者の皆様にも参加いただき、生徒とともに話を聴いてもらいました。
 3年生の皆さんは、今日の話を聴き、改めてどの学校に進学したいかについて考え、家族と進路先についてよく相談してください。

 

兄弟学級開き

 2学期は、相模祭体育祭がありますので、その大きな行事前に1年生から3年生の兄弟学級開きを開催しました。感染症対策として、「密」を避けるために3学年が同じ1つの教室に集まっての方法ではなく、情報機器(電子黒板や学習用タブレット)を有効活用してオンライン等で行っていました。
兄弟学級ごとにクイズなどを盛り込み、試行を凝らした内容だったので、生徒たちは楽しそうでした。